« ポケモンクリスマスカップレポ&生放送のお知らせ! | トップページ | 新年初更新 »

2012年12月27日 (木)

向日葵の趣味語り 音楽編その⑥【Janne Da Arc】

 向日葵です。
 最近、趣味語りの方を全くしていなかったので今日は久々に語っちゃおうと思います。
 今回は音楽編その⑥、紹介するのは私がV系にハマったキッカケとも言えるバンド『Janne Da Arc』です。

Janne_da_arc

【Janne Da Arc】
 Janne Da Arc(ジャンヌダルク)は、日本のヴィジュアル系ロックバンド。所属レコード会社はavex(レーベルは、エイベックス内部レーベルのmotorod)。略称は「ジャンヌ」。また頭文字をとって「JDA」と表記されることもある。
 楽曲の曲調は、ロックをベースに、ポップス系のメロディが主流。作る曲は、メタル調の激しい曲からバラードまで、幅広い音楽性を持つ。
(Wikipediaから転載)

 yasu(Vo)、you(Gu)、ka-yu(Ba)、kiyo(key)、shuji(Dr)の5人からなるヴィジュアル系ロックバンドです。V系の中では比較的知名度が高い方なので、曲は知らずともバンド名くらいは聞いた事あるという方も多いのではないでしょうか?
 代表曲は2005年にリリースした、アニメ「ブラックジャック」の主題歌『月光花』が30万枚のセールスを記録したのでそこそこ有名かと思います。

 1996年に現メンバーとしての活動を開始したJanne Da Arcは、インディーズで3枚のミニアルバムをリリースした後、1999年5月にシングル『RED ZONE』でメジャーデビュー。90年代後期に日本を席巻していたヴィジュアル系ブームが終焉に向かいつつある頃にメジャーデビューしたので当時は「ヴィジュアル系バンドの最終兵器」などと呼ばれていたりしました。
 デビュー時期が悪かったのか当初こそあまりCDは売れずマイナーバンドの域を出なかったのですが、2002年にリリースした12thシングル『Shining ray』が人気アニメ「ONE PIECE」のEDテーマに起用され初のオリコンTOP10入りを記録。それ以降は着実に知名度と人気を伸ばし、2005年に上でも記述した自身最大のヒット作『月光花』でブレイク。時代を彩るホットなバンドになりつつあったのですが2007年にはメンバーが個々のソロ活動を開始し、バンドは事実上の活動休止状態となってしまいました。
 現在までに活動休止や解散を明言してはいないものの、未だバンドとして再始動する気配は無く、多くのファンが活動再開を望んでいるのが現状です。

 因みにバンド活動休止後の各メンバーの活動状況は以下。
・yasu→2007年にソロプロジェクト「Acid Black Cherry」を始動。2009年に声帯手術の為一時活動休止するも翌年に活動再開。現在も精力的に活動中。
・you→2007年6月から2008年10月にかけてアルバム3枚シングル1枚(いずれもインスト)をリリース。現在はあまり表立った活動をしていない模様。
・ka-yu→2007年にブランド「Solid Beat」を設立。また、同年に本名の「松本和之」名義でミニアルバムを2枚リリース。2010年からはソロプロジェクト「DAMIJAW」を始動。
・kiyo→2008年にアルバム(自身がプロデュースしたゲームのサントラ)と映像作品をリリース。現在表立った活動は無いがAcid Black Cherryのサポート等を行っている。
・shuji→2007年にドラムの教則DVDをリリース。他メンバーと違いソロでの活動は行っておらず主にドラムクリニックやサポートミュージシャンとしての活動をしている。

 以上です。多くのJanne Da Arcファンはyasuのソロプロジェクト・Acid Black Cherryに流れているのでしょう。私もABCは好きですが、早くJanneに復活してもらいたいところです。

 さて、そんな感じで語ってきましたがここで恒例「おすすめの3曲」コーナーです。

・1曲目…Dry?

 7thシングル曲。女性視点で描かれたエロティックな歌詞が印象的なハードロック。この曲を初めて聴いた時は歌詞のあまりのエロさに衝撃を受けたのを覚えていますw
 官能美を歌詞に取り入れる事の多いJanne Da Arcらしさが顕著に表れた、ストレートなエロスを体感できる楽曲です。

・2曲目…シルビア

 10thシングル曲。爽快感溢れる爽やかポップナンバー。歌詞は「プロポーズする日」の事を歌ったド直球なラブソングです。
 朝、目覚めた時に聴きたくなるようなクセになる爽やかさが溜まらない! Janne Da Arcの楽曲の中でも私がトップクラスで好きな曲です。

・3曲目…DOLLS

 19thシングル曲。メジャーデビュー5周年記念の3週連続シングルリリースで1枚目にリリースされたこの曲は、yasuお得意の失恋歌が心地よいバラードのメロディーに乗せて歌われています。
 女性視点で「別れたくない」と懇願する様子の描かれたサビ部分の歌詞は、そういう体験をした事のない男の私ですら胸を打たれます。数あるJanneのバラードソングの中でも完成度の高い1曲。

 以上が、私がオススメするJanne Da Arcの楽曲3曲でした。

 ヴィジュアル系と呼ばれるバンドの中でも取り分け演奏力が高く幅広い音楽性を持つ彼らの楽曲はヴィジュアル系に抵抗のある方でも聴き易い事間違いなしでしょう。是非一度、Janne Da Arcの世界を味わってみてください。

 長くなってしまったので今日はこの辺にしておきます。それでは、ノシ。

« ポケモンクリスマスカップレポ&生放送のお知らせ! | トップページ | 新年初更新 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 向日葵の趣味語り 音楽編その⑥【Janne Da Arc】:

« ポケモンクリスマスカップレポ&生放送のお知らせ! | トップページ | 新年初更新 »